ma*GAZ*ine

gaziroh の雑記帳

Ubuntu 16.04 インストールしてからすること

VMware仮想マシンUbuntu 16.04 をインストールしたあとにすること。Ubuntu日本語 Remix を入れる。

基本的な設定をして、基本的なモノを入れる

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
$ sudo apt dist-upgrade
$ sudo apt install vim-nox
$ sudo update-alternatives --config editor
$ sudo apt install open-vm-tools-desktop

アップグレード後に vim を入れて、Open VM Tools を入れておく。

ユーザをつくる。

$ sudo vi /etc/login.defs
$ sudo adduser -uid 501 hoge
$ sudo adduser hoge sudo

/etc/login.defs で最小の UID と GID を 500 にしてから、UID 501 でユーザの作成。

ログアウトして、新しいユーザでログイン。

$ sudo vi /etc/group
$ sudo vipw
$ sudo chown -R systemadministrator.systemadministrator /home/systemadministrator

/etc/group の systemadministrator の GID を 500 にして、/etc/passwd の systemadministrator の UID を 500 にする。 その後、systemadministrator のホームディレクトリの所有を変更。このアカウントは使わないと思うけど一応。

諸々の設定と必要なモノを入れる

日本語のフォルダをなんとかする

$ env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update

「英語のフォルダ名にする?」と聞かれるので変える。次回ログイン時に「日本語にする?」と聞かれるので、「もう聞かないで」として拒否。

フォントのインストール

$ wget http://www.rs.tus.ac.jp/yyusa/ricty/ricty_generator.sh
$ wget http://www.rs.tus.ac.jp/yyusa/ricty/regular2oblique_converter.pe
$ wget http://www.rs.tus.ac.jp/yyusa/ricty/os2version_reviser.sh
$ chmod 755 *.sh
$ sudo apt install fontforge
$ wget https://github.com/google/fonts/blob/master/ofl/inconsolata/Inconsolata-Bold.ttf?raw=true
$ wget https://github.com/google/fonts/blob/master/ofl/inconsolata/Inconsolata-Regular.ttf?raw=true
$ mv Inconsolata-Regular.ttf\?raw\=true Inconsolata-Regular.tt
$ mv Inconsolata-Bold.ttf\?raw\=true Inconsolata-Bold.ttf
$ wget https://ja.osdn.net/frs/redir.php?m=jaist&f=%2Fmix-mplus-ipa%2F63545%2Fmigu-1m-20150712.zip
$ ./ricty_generator.sh Inconsolata-{Regular,Bold}.ttf migu-1m-{regular,bold}.ttf
$ sudo mkdir /usr/local/share/fonts/ricty
$ sudo cp Ricty*.ttf /usr/local/share/fonts/ricty/
$ fc-cache -fv
$ gconftool-2 --set /apps/gnome-terminal/profiles/Default/font --type string "Ricty Regular 10.5"

フォント、Ricty は入れておく。 適当にディレクトリを切って、スクリプトのダウンロード。 元のフォントのダウンロード。 zip からは適当にファイルを取り出す。 スクリプトの実行。 フォントのディレクトリを作成してファイルをコピー。fc-cache -fv して端末のフォントに設定。

Google Chrome

$ sudo apt install libappindicator1
$ sudo dpkg -i ~/Downloads/google-chrome-stable_current_amd64.deb

Chrome が要る。Google からダウンロードしておいて、依存関係がある libappindicator1 を入れてから、deb をインストール

Java を入れる

Java“WebUpd8” team の ppa を登録してインストール

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt update
$ sudo apt install oracle-java7-installer
$ sudo apt install oracle-java7-set-default
$ sudo apt install oracle-java8-installer
$ sudo apt install oracle-java8-set-default

上のサイトに書いてあるとおり。

Visual Studio Code

そろそろ deb のインストールが面倒になってきたので gdebi で楽をする。 Visual Studio Codedeb をダウンロードしておいて、

$ sudo apt install gdebi
$ sudo gdebi ~/Downloads/code_1.11.1-1491486998_amd64.deb

楽だ。

atom

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/atom
$ sudo apt update
$ sudo apt install atom

楽だ。